読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おねだん以上のワンダホーデイズ

コスパよく、なりたい自分(おしゃれでかわいくてかしこくて「すき」をきわめててスマートな人)を目指すブログです。

新聞をどうしても毎日読めないので「聴く日経」で手を打つ(540円/1ヵ月)

【かしこい人】
 

日経を読むのが大事なことくらい、わかってる


思えば小学生の時から「新聞よめ」って親からだったり、先生からだったり、くり返し言われてる。
世の中を知るのはだいじなこと。それくらいわかってる。
家でとってる紙の朝日新聞、就活のとき特別価格で契約した朝日新聞デジタル。
社会人になってからはいきなり「日経以外は新聞にあらず」みたいな空気になっちゃって、でも月5000円?ってたけえよ、て時に見つけた日経テレコン(この、無料で日経読む方法については後日。今すぐ知りたい人はぐぐってくだされ)。
色々試したけど、なかなかつづかない。

なんで続かないかって、毎日読みたいもの、読まなきゃいけないものが多すぎる。
暇さえあればツイッターとインスタをチェック、のんびりしたい時はdマガジンで雑誌読みまくり、積ん読もいっぱい、というかネットサーフィンとまらない。
一応通勤電車を新聞の時間にしてみたけど、たいてい座れるから、寝ちゃう。
はっきり言って新聞なんか面白くないから、優先順位が最下位なんだ…
そもそもの知識がないから読む気がしないっていうのも問題なのだろうけど。
ニュースも見ないので、世の中のことがまじでわからん。

でもこれでは「かしこい人」には到底近づかない…。

 

新聞を「読む」以外の方法を考える

もうどうやっても無理なので、発想を変えて、新聞を読まなくても済む方法を考えてみた。
まず思いついたのは、ワールドビジネスサテライトや日経プラス10といったニュース番組を見ること。
でも、それすらめんどくさい。帰宅後に興味のないテレビに1時間も集中するのを毎日なんて、わたしにはできない…
そこで、「Podcastみたいなやつはないのかな?」と考えたわけです。
朝ごはんを食べながら、メイクをしながら、とかならギリいける気がする。
そしたら、ありました。
その名も聴く日経

 

聴く日経 | ラジオNIKKEI

 

www.febe.jp


月額540円(FeBeに登録して聴く場合。Podcastとして聴く場合だと600円です)。
無料ならなおよかったけど、「毎日新聞を読む」ができない私には、そんな贅沢言う資格はないのだ。
ていうか日経購読するより全然安い!
初月無料とのことだったので、最大限無料の恩恵にあずかる2月1日から開始。
まだ2週間だけど、一応続いてる。

 

聴く日経」のある生活

アプリをとって、毎日起きたらダウンロード(一瞬で終わる)。

 

f:id:hanicosan:20170214020307p:plain

 

(ちなみにアプリはiOSのみで、アンドロイドだとWeb上で聞くことになるのでちょっと不便かも)
朝ごはんを食べながら聴いてます。

番組は約20分で、構成としては


①今日の日経ヘッドライン
②ピックアップされた記事(一面、政治、経済、国際、企業)
日経産業新聞日経MJのヘッドライン
④今週の予定

ていう感じ。
ちなみに平日のみの配信。


独自に編集されたニュース番組というよりは、本当に日経新聞そのまま。
でも、新聞の「である調」をそのまま読み上げるんじゃなくて「ですます調」に直すくらいのことはしてくれる。
読んでるのもアナウンサーなのでちゃんと耳に心地よいです。
新聞の本文は、全部じゃなくてはじめの段落くらいまでらしい。
でも新聞で大事なのは見出し→リード文→本文 の順らしいので、概要はちゃんと摑めるんじゃないでしょうか。

 

もちろんちゃんと読んだ方がいいのは重々承知だけど、とりあえず「日経の情報を入れる」習慣ができただけでも私には収穫。
少ないながらもお金払ってるからちゃんと聞こうと思えるし。
朝ごはんを食べながらだらだらSNS見てた時よりはよっぽどいい時間になった。
朝の準備の時間は忙しいって人は駅まで歩く時間とかもいいんじゃないかな。
これからはこれで聴いて興味の湧いた記事を日経テレコンのほうで本文を読むことをうまく習慣づけたいなと思う。
とくに産業新聞とMJはヘッドラインだけだし。
あとはそもそもの知識がない問題。

 


はにこは「かしこい人」に近づけた!